2022~2023年度の方針と会長挨拶

  小板橋 勉 2022-2023年度
太田中央RC会長
小板橋 勉
 
 

 

2022-2023年度ジェニファーE.ジョーンズRI会長は、「私たちがロータリアンであることの根幹をなす原則は『ロータリーの中核的価値観』、『ロータリーの目的』、『四つのテスト』だと述べています。
また、会長に指名されるあたり声明を発表しております。
ロータリーの「Diversity(多様性)Equity(公平さ)Inclusion(インクルージョン)DEI】に関する声明」の重要性を理解しているとのことでした。

 今年度は、第4分区から中野正美ガバナーが輩出され、ガバナーがより近く感じられることになると思います。ガバナーの考える今年度のロータリー活動を充分に認識して活動を進めたいと思います。中野ガバナーは、RI会長が出した声明を同期のガバナーと意見交換した時に【DEI】を「出会い」と表現し、より身近なものに感じてもらいたいと話をされていました。

今迄ロータリー活動に積極的に参加していたとは言えませんでしたが、いろいろな研修会に参加させていただいて、改めてロータリー活動の基本を学ぶことが出来たと感じています。
 昨年、我がクラブは創立30周年を迎え、また新たな歴史を重ねることとなりました。今まで歴史を築いていだいた先達の方々に敬意を表しながら、今年度は、中野ガバナーが掲げるSDGsの実践を事業に取り入れながら活動を進めて行きたいと思います。中野ガバナーから依頼のあった「環境問題をテーマにした事業」については、移動例会でその事業を考えたいと思います。
 コロナ禍の中ではありますが、いろいろな場面でリアルの集まりが増えコロナの終息を考えながら、少しずつ日常を取り戻しつつあると思います。約2年半の間ロータリーの活動も制約を受けてきましたが、本年度は皆さんと一緒に進められる事業も増えてくることと思います。
 太田中央ロータリークラブの次へのページを進めるため力を発揮し、本年度は【DEI(出会い)の場面をたくさん作りながら、皆さんの協力をいただきながらロータリー活動を進めて行きたいと思います。

 会長の職をお預かりすることになってから少しずつ意識も変わってまいりました。皆様のご協力をいただき、皆様が参加しやすい環境だと感じられるようなトータリー活動にしたいと思います。一年間どうぞ宜しくお願いいたします。


 

    
 

Copyright (C) 2009 OTACHUO ROTARY CLUB. All Rights Reserved