2020~2021年度の方針と会長挨拶

  吉岡 努 2020-2021年度
太田中央RC会長
𠮷岡 努
 
 

 

20202021年度ボルガー・クナーク会長はRIのテーマとして「ロータリーは機会の扉を開く」「Rotary Opens Opporrtunities」を掲げ5年先を見据えたクラブ戦略会議の開催による革新的なクラブモデルの創造が重要であると説いています。また山田2840地区ガバナーは「奉仕の喜び」[Happiness to Serve]を地区スローガンとし、より多く奉仕してより多くの喜びを会員と分かち合うことの重要性を説いています。
 当クラブもパスト会長をはじめとするメンバーの努力により今年で29年という歴史を重ね社会のニーズや時代に合った奉仕活動を行ってきた結果、地域における奉仕団体としての認知度は格段に上がったと考えます。その地位をより一段と向上させるために本年度のクラブ運営方針としてクラブ活性化による出席率の向上、魅力あるクラブづくりによる退会防止に重点を置き重点項目として取り組む所存であります。

       1.       創意・工夫を凝らした例会運営

       2.       委員会・部会活動の活性化

       3.       各種研修を通じロータリアンとしての意識の向上

 しかしながら20202021年度は新型コロナウィルス(COVID19)という未曽有の感染症により今までのロータリーとは形を変えての活動が余儀なくされることは確実と考えます。しかしこれをある意味好機ととらえITを導入した例会・少人数での委員会活動等その時々の状況に応じた活動を行い、置かれた環境に適応する機会の扉を開いていこうと存じます。
 例年とは違った形の1年になると思いますが、会員の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 一年間、よろしくお願い申し上げます。

 数値目標

       1.ロータリー財団   一人 150ドル以上

       2.米山奨学      一人 16,000円以上

       3.ポリオプラス    一人 30ドル以上


 

    
 

Copyright (C) 2009 OTACHUO ROTARY CLUB. All Rights Reserved